身体に嬉しい魚の栄養

日本で古くから食されている魚は栄養の宝庫としても知られている食材です。種類によって多く含まれている成分にも違いがありますが、大半の種類に共通しているのがタンパク質と良質の脂質を多く含んでいることが挙げられます。魚は大半が水とタンパク質によって構成されているのが特徴であり、良好なタンパク質源にすることが可能です。脂質も多く含んでいるものの、不飽和脂肪酸を多く含んでいる種類が多いのが健康面や美容面で役に立ちます。青魚の場合には特に重要な栄養として知られるDHAやEPAというオメガ3脂肪酸を多く含んでいて脳や目、血管や心臓などの機能を維持改善するのに寄与するものとして期待されています。低炭水化物なので腎臓に障害が生じていない糖尿病患者でも気兼ねなく食べることができる食材でもあり、炭水化物を減らしてダイエットをしたいという人にも栄養バランスが優れているものです。

ビタミンやミネラルについてもよく含まれているのが特徴です。ビタミンについてはビタミンA、ビタミンD、ビタミンEが豊富な種類が多く、目の健康や骨の維持、活性酸素の除去に役に立ちます。ミネラルについては骨も食べられる場合にはカルシウムが多く含まれていてビタミンDの摂取の効果とも相まって骨を強化することができると期待できます。また、鉄や亜鉛も多く含まれていることから赤血球を作り出して血液状態を改善したり、細胞分裂を促進して新陳代謝を助けたりする可能性も秘めているのが魅力です。この他にも微量元素であるセレンなども含んでいる種類が多く、様々な形で症状として表れてきてしまっている体調の改善に大きな寄与を期待することができます。

魚には五大栄養素以外にも身体にとって良い効果をもたらすとされる機能性のある栄養も含まれています。近年様々な機能を有していることで注目を浴びている各種のアミノ酸を含むことに加えて、アンセリンやカルノシンと呼ばれるイミダゾールジペプチドも含んでいる種類が多いのが特色です。疲労を改善する効能が期待できる成分として知られているがイミダゾールジペプチドであり、魚を食べることによって日々の疲れを癒やしていくことができると期待できます。また、魚肉の血合いには疲労回復に役立つタウリン、鮭などの赤い魚には抗酸化物質であるアスタキサンチンなどが含まれているといった形で多様な栄養を含んでいることから、食材としての魅力が高いのが魚です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です