英語圏の人にも親しませている魚料理

魚は和食というイメージが強いですが、英語ではフィッシュといい、英語圏であるイギリスではフィッシュアンドチップスという郷土料理で魚料理が親しまれています。日本でも外国でも魚介類は傷みやすいので保管方法に十分に注意する必要があります。

肉類よりも、もっと傷みやすいのが魚介類になります。魚は内臓をすぐに取り除いて、食べることができる部分だけが残っている状態にしておく必要があります。そして、身についた水分をキッチンペーパーで拭き取り、1人前ずつにラップで包んだり、パックに詰めたりして冷蔵をしておきます。一旦解凍したものの、使い切れなかった食材については、もう一度冷凍したりしないで廃棄する必要があります。それではもったいないので、冷凍保存してあるものを解凍して使うときは必要な分だけを解凍するのが望ましい方法となります。肉と同じ様に魚介類も専用で使用する調理用具を取り揃えるのが最も望ましいため、包丁や、まな板は魚介類専用の道具を準備しておくのが良い方法の1つとなります。厨房の中で丸ごと1匹をさばくときには、内臓や、血が別の食材に触れてしまうことがないようにする必要があります。食中毒を引き起こす原因となってしまう細菌や、身体の調子を崩してしまう虫がいることがあるため注意して取り扱う必要があります。お客様に新鮮な魚料理を提供するためには保存方法も大切ですが、仕入れ業者が信頼できることも大切なこととなります。鮮魚の卸が得意な会社には、食らぶ市場を挙げることができます。このような信頼できる仕入れ業者を上手く活用することで、満足度が高い料理を提供できるようになることが期待できます。

満足度が高い料理には新鮮な野菜も欠かせませんが、野菜を正しく保管する方法は種類によって違ってくるため、料理をするスタッフの方たちに周知させて、なおかつ徹底させるのに手間がかかりますが、正しく保管する方法を実践してもらうことにより鮮度を保たせることができるようになります。春菊や、ほうれん草などといった葉物の野菜は新鮮な状態で保管するのが難しく、傷みやすくなっているため適切に保管すること心がける必要があります。根っこを下に向けて芯に乾燥しないように濡らした新聞紙や、キッチンペーパーをあてるようにしておくことが重要となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です