ウグイと言う魚の紹介

ウグイはコイ目コイ科ウグイ亜科ウグイ属の淡水に住む魚で、日本国内から朝鮮半島、ロシアの方でも分布しています。
河川や湖に生息していて、群れをなして泳いでいる姿が良く見返られる魚です。
淡水では30cmほどの大きさに成りますが、海に降るタイプでは45cm程度になることもあり、最大では50cmに及ぶこともあります。
日本では沖縄など一部を除く広範囲に生息しているため、地方によって様々な呼び方があるのも特徴で、アイソ、イクイ、ハヤなど、多彩な地域名で親しまれています。
ウグイと言う名称は、説によれば鮎漁で有名な鵜が食べることから、この名前となったということです。
見た目としては、丸い頭と流線型の形が特徴的で、全体的に銀色をベースとし、体の中央には黒っぽい筋が見られます。
春の季節は婚姻期で、この時期には赤系の賑やかな色も入り、艶やかな姿へと変貌します。

猫も食べない美味しくない魚の代名詞的存在として『猫またぎ』とも呼ばれることもあるのですが、きちんと料理をすれば味わいを楽しめる魚です。
ただし、やはり、川魚で小骨も多いことがありますから、魚本来の味を楽しむというよりは、しっかりと味付けをしてから食べられることが多くなっています。
一般的には南蛮漬けや唐揚げなど、揚げ物にして骨ごと食べられるようにしたものが親しまれています。
泥臭さも飛ぶので、ちょうど良い料理方法と言えるでしょう。
地域の特産品、名産品では石川県能登半島のサクラウグイを用いたひねずしな等利用されることもあります。
いずれにしても、食用の際には火を通したり酢などでしめる事が大切で、生のままでしたら寄生虫などのリスクが高いので要注意です。
また、鮮度が落ちやすいのも特徴で、美味しいものを楽しむには、釣りたてや取り立てのものを選ぶことが大切です。

ウグイは長野県や滋賀県が有名な産地となっており、長野県では養殖もされています。
天然のものは仕掛け編みや投網で捕獲されたり、伝統の梁漁も今でも行われています。
釣りの対象としても親しみやすい魚で、ミミズやムシ系の餌の他にルアーなどでも掛かることがあり、比較的簡単に釣れます。
ただ、あまりこの魚をメインに釣るという方は多くは無いようで、どちらかと言うと、鯉の外道として掛かることも多いようです。
お子さんと気軽な釣りを楽しみたい時などには、適していると言えるかもしれません。

魚の卸業者をお探しならにも情報があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です