梅煮にすれば傷みやすい魚も活用できる

いわしといえば非常に傷みやすい魚の1つとなりますが、梅煮に調理することによって、美味しく頂くことができます。また、梅煮に調理することによって、ごはんにも、お酒にも合うメニューの1つとなってくれ、地産地消のコンセプトとした飲食店でもまいわしのような傷みやすい魚を取り入れることができます。

地元で生産された食材をメニューに取り入れるときには、フードマイレージと呼ばれている魚などの水産物や、野菜などの農産物を輸送するコストを減らすことが可能になります。そして、都会よりも安い値段で、お客様に食事を提供できるため、コストパフォーマンスの面でアピールすることができます。さらに、フードマイレージを減らすことは二酸化炭素の排出される量を減らすなど環境保全を貢献することもできるため、環境に良い印象を消費者に持ってもらいやすくなります。食材により、その地域でしか食べることができない場合もあります。地産地消の飲食店であれば、その地域でしか食べることができないメニューばかりを取り揃えているということではありませんが、その地域でしか食べることができないメニューや、入手できない食材があることをアピールすることが出来るというのも事実になります。そして、その地域の郷土料理などのメニューを提供するときには、別の地域で生産された食材を使うよりも、その地域で生産された食材を使った方がメニューの価値を高めることができます。

地元で生産された食材にこだわるときには、生産者と人間関係が良いことが必要になります。お金を支払って食材を購入することは、業者用のスーパーマーケットでも生産者でも変わることがありません。しかし、生産者は業者用のスーパーマーケットのようにビジネスライクに対応してくれないことが多いです。中でも、田舎では濃厚で特有の人間関係を要求される場合も少なくありません。そのことが、ストレスになってしまう可能性も否定できません。地産地消を前面に打ち出すためには、飲食店を都会ではなく海産物や、農産物の生産地である田舎に建てることになります。人が都会から訪れる、お祭りなどのイベントや、週末のときには、ある程度の集客を見込むことができますが、平日の集客は期待できないというデメリットがあります。ですので、地産地消を前面に打ち出しすぎるのは制約が多いです。業務用食材の仕入れは食らぶ市場などを上手く活用し、平日の集客も見込める都市部に建てるのが良い方法の1つとなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です