魚によって異なるうまい食べ方

食材として日本では古くから魚が愛されてきていますが、人によって好き嫌いがあるのも確かです。これはうまいけれどあれはまずいといった形で種類によって好き嫌いをする人も多く、特定の種類だけを好んで食べる人もいます。どの種類が最もうまいかと聞いてみると人それぞれであり、一概に優劣をつけることはできません。また、このときに気をつけておきたいのが食べ方であり、魚には様々な食べ方があります。生のまま食べるというときでも刺身や寿司がありますが、それを酢で処理することもあるでしょう。また、刺身であっても醤油だけでなくポン酢や塩で食べたり、生姜やネギなどの薬味を使って食べることもあります。加熱調理も考慮に入れるとさらに幅は広くなり、焼く、煮る、蒸すなどの様々な調理法が適用可能です。同じ焼くという調理方法であってもただ塩焼きにするだけでなく、ハーブと合わせたりソースをかけたりすることもできます。オーブン焼きか直火焼きかといった方法でも違いが生じるので、本当にどれが一番うまい魚なのかというのを判断するのは困難なのです。

しかし、魚によってこれが最もうまいと感じられる食べ方がある場合も少なくありません。比較的よく食べられている鮭であれば刺身にも寿司にも使用でき、焼き魚やソテー、鍋物など様々な形で美味しく食べることができます。日本で人気の高いふぐも刺身や鍋、フライなどの様々な食べ方で愛でられています。しかし、人によっては鯖は塩焼きは香りが強くて好まないけれど、しめ鯖にして寿司で食べたり、味噌煮にして味付けてしまったりすれば美味しいということもあるでしょう。うなぎは蒲焼きや白焼きで好まれているものの、刺身で食べるということはあまりないのは生のままではあまり一般の人に好まれる風味を持っていないからです。このような形で魚によって適した調理方法がある場合や、個人の好みで合う合わないという問題が生じる場合もあるのは気をつけなければなりません。

もう一つ気をつけておきたいのが価格です。高級魚ほどうまいかというとそういうわけではなく、あくまで希少だから、人気だからというだけで価格が高くなっていることは珍しくありません。自分なりの感性で判断することが重要であり、本当に好きな種類を好きな食べ方で食べることによって心からうまいと言えるようになるという理解が必要です。それぞれの種類の味や風味を大切にして自分なりに生かす食べ方を工夫するとより魚を食材として楽しめるようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です