虚血性疾患を防ぐ魚料理と食品ロス

魚料理を中心にした食生活は、虚血性疾患を予防する効果を得ることが期待できます。なかなか自分の家で魚を調理して食べる機会がないという人にとって、虚血性疾患を予防する効果を期待できる魚料理を提供してくれる飲食店はありがたい存在であり、肉ブームが起こっている時代の中でも根強い人気があります。魚料理をメインで提供する飲食店の収益を上げるためには、食材のロスを減らす必要があります。

食材を廃棄する理由として挙げられることが多いのが、魚などの食材の鮮度が落ちてしまったというものになります。いずれは傷んでしまうものですが、お客様には新鮮な傷んでしまう前の状態で提供することが重要となります。傷みやすい食材ばかりを頻繁に使っていると、お客様の注文次第で、全部捨てる必要が出てきてしまうことがあります。食材自体を傷みにくい食材を中心にメニューを開発することにより、食材を使わないまま捨ててしまうといった最悪の事態を避ける必要があります。三枚におろした魚の骨がついた部分や、目玉の側の部分については、料理の仕方次第で食べることができますがお客様に出すメニューとしては使いにくい部分でもあります。このような部分の身は、まかない料理に使うことにより捨てることを回避することができますし、美味しく頂くこともできるようになります。ただ捨ててしまうのではなく、料理に使うことができないかを考えた上でメニューを開発する必要があります。まかない料理をつくるために食材を別途購入しておくよりも経費が削減できる上に、食品ロスを削減することも可能となります。

食品ロスが発生する理由の1つに、消費期限や、賞味期限が切れていることが原因の食材も少なくありません。食材の仕入れ先が良心的でない場合は優先的に賞味期限が迫っている食材を納品してくる場合があります。いかに信頼することができる仕入れ先を探し当てて、長く取引を継続していくかが大幅に食材ロスを減らすことにも繋がります。業務用の鮮魚の仕入れは、食らぶ市場を利用するのも良い方法の1つとなります。飲食店の収益を上げるためには、食材を賢く使うようにして、食品ロスが発生しにくいメニューを心がける必要があります。食材を保管する温度や、場所にも普段から注意をしておくことも大切なことの1つとなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です