魚の生活にとても大事な浮き袋

魚は水の中で生活していますが、当然酸素が無ければ生きていけませんし、呼吸もしています。魚は鰓という器官で水の中に溶け込んだ空気を濾す事で水中の空気を体に取り入れて呼吸をしていますが、この空気は浮き袋という器官にも取り入れられます。元々肺としての機能を果たしていた器官なのですが現在は一部の古代魚などを除き肺としての機能は失われています。肺として機能しない、一見するとただ空気を貯めているだけのように見えてしまうこの浮き袋の大事な役割というのは何かというと、水中を自由に泳ぐ為の役割です。
魚の体は当然水より重いです。ですので、何もしなければどんどん沈んでいってしまうのです。そうならない為には浮力が必要なのですが、その浮力を得る為の器官が浮き袋なのです。このような空気を取り入れて浮力を得る器官があることではじめて浮いたり潜ったりと水中で自由に泳ぎまわる事が出来るという事です。水中で生活していますので自由に泳ぐ事が出来るというのは生活の上で必須条件ですし、そこがもし不自由であっては餌を追う事すらままならないという事にもなりますので、この浮力調整という機能は命綱です。その能力も意外にも伸縮が自在ですので深く潜る時には空気を排出して小さくしたり、また浮上する時には空気を取り入れ膨らませたりと割と自由に伸縮させ空気の量を調整する事が出来るという水中で生活する魚にとってはとても大事で、また便利な器官なのです。また、こうした浮力調整という事以外にも聴力を補助するという機能もあります。浮き袋は空気が入っている風船のようなものですので水中の音を良く反響させます。鯉などの淡水魚の仲間にはこの増幅された振動を内耳に伝える器官があるのです。また、ニシンの仲間などにも聴力を補助するという機能があります。
このように魚が水中で生活するにあたってとても重要な役割を果たす浮き袋ですが、これを持たない種類もいます。その種類は意外と多いもので、その進化の過程や生活環境など様々な理由で退化、または最初から持たないといった事になります。代表的なのはマグロの仲間で、常に泳ぎ回っていないと呼吸が出来ずに死んでしまうと言われています。また、サメやエイなどの仲間は元々の進化の過程で肺も持たずに進化しています。この仲間は肝臓の脂質を使い浮力調整をしていますし、浮力調整が困難な高い水圧の下で生活している深海魚なども浮き袋を持ちません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です