池袋で魚にこだわる飲食店を開く方法

人が集まる都内でもビジネスパーソンから旅行客、ショッピング客まで幅広く集まるのが池袋であり、飲食店経営をするときには有力な候補地になります。日本では高い人気のある食材である魚を使って飲食店を開業するのは、顧客を獲得できる可能性が高い方法です。しかし、飲食店の競争が激しいエリアでもあることから、池袋で飲食店を開業しようとしたら二つのことをクリアしなければならないでしょう。一つは既存の飲食店と異なるアピールポイントを作ることであり、それがなければ見向きもしてくれない可能性があります。もう一つはそれに合った形で魚の調達経路を確保することです。

池袋には魚をメインにした飲食店は多数あります。居酒屋として経営している飲食店が多いですが、刺身や焼魚をメニューの中心に据えて毎日近隣の港から直送で新鮮なものを提供するのを売りにしている居酒屋は枚挙に暇がありません。大衆向けの居酒屋が多い一方で、池袋には料亭風の高級店も林立しています。このような状況で人気になっている飲食店は必ずプラスアルファの要素があり、24時間営業、ワイン飲み放題、完全個室といったサービス面で対応していたり、希少な刺身の提供、新鮮なホタテが有名といった形で食材側で付加価値を生み出したりしています。このようなメリットを作って魅力を生み出さなければ池袋で魚にこだわる飲食店を経営するのは難しいのです。

魚の調達経路についても漁港から離れている立地であることを考えて信頼できる経路を確立しなければ安定した営業が難しくなります。特定の卸業者と提携して常に安定した供給を行ってもらうというのはよく行われる戦略です。しかし、魚の卸なら特定の業者にこだわらないということも重要になります。一つの卸業者にこだわってしまうとその卸業者が主に活動している漁港の漁獲が悪かったときに調達に支障が生じるリスクがあるからです。遠くからでも調達できるネットワークを作っておくことが安定した経営につながります。インターネットを利用して多くの卸業者から卸せるようにしておくとどのような状況でも安定して必要な魚を調達することが可能です。通信販売の形態を取っていると便利であり、その日に安く調達できる魚を選んで日替わり料理やおすすめ料理として提供することも簡単になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です