お魚の豆知識 イナダ

時折、スーパーの店頭でイナダという魚を目にする事があります。イナダはブリの事でブリは出世魚として有名ですが地方により呼び方が違い関東地方での呼び方です。関東では以下の基準で呼び分けられています。
モジャコ(稚魚)→ワカシ(35cm以下)→イナダ(35cmから60cm)→ワラサ(60cmから80cm)→ブリ(80cm以上)つまりブリのミニサイズという訳です。

実は販売されているイナダは案外にお買い得な魚なのです。ブリは人気が高いので養殖されています。ですが60cm以下で出荷される事はありません。つまり、ほぼ100%が天然物なのです。サイズ的にも一般家庭としては少し大きい位ですので一匹買えば十分です。ブリと言えば「寒ブリ」と言われる位に冬が旬の魚ですが意外な事にイナダは夏が旬でこれからの時期に「一番おいしい季節」を迎える食材でもあります。

ブリに比べ食味が少し淡泊なので出来るだけ刺身、或いは刺身に近い状態で食べた方が美味しい食材です。35Cから60Cmというのは「さばきやすい大きさ」でもありますので、出来れば新鮮な物を丸ごと一匹買って来て家でさばいて刺身またはヅケで召し上がる事をお勧めします。家でさばく場合、ブリと違い柔らかく皮が剥きにくいという特徴があります。ですので、さばいた切り身は小骨が取りやすいので小骨は出来るだけ取り除きましょう。また皮はどうしても、少し残ってしまいますが(アジなんかでもそうですが)多少、残っても気にしないで結構です。

刺身が残ってしまった場合や、すぐに食べるのではない場合にはヅケにすると重宝です。ヅケは酒、みりん、醤油を大匙で2杯程度づつを混ぜて作ったヅケ汁に切り身を漬けて冷蔵庫に入れて1時間位すれば出来上がります。手間を惜しまないのであれば、昆布を切り身と交互に重ねて一緒に漬け込むと本格的なヅケになります。また昆布味を強く出したい時はあらかじめ昆布だしを取って混ぜると効果的です。漬け込む時に大葉を一緒に入れると独特の風味が付いて一味違いますが、これは好みで決めて下さって構いません。召し上がる時はヅケ丼にして白ごまを振ると見た目にも映えます。ヅケはまだ冷蔵する技術が無い江戸時代に考案された生魚の保存法です。ですのでヅケにしておくと常温でも2日ぐらい持ちますが冷蔵庫に入れておけば3日くらい持ちます。ヅケにすると余分な水分が取れ身が引き締まり旨みが増しますので安いマグロなどを美味しく食べるコツでも有ります。ですが、これからの季節はイナダが有れば、その方がお薦めです。魚や野菜は旬の物を選ぶのが美味しい物を食べるコツだからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です