魚イラストのフリー素材を使って売上アップ

POPです。飲食店のメニューでは、魚がどういった調理法をされ、そのお店ならではのオリジナリティが感じられ、頼みたくなるようなメニューでなければなりませんし、販売店でもその魚が売れるような文言をPOPに書きこまなければなりません。メニューやPOPには文章だけではなく、イラストを入れるとより、効果的です。お店のスタッフの人で、イラストが描ける人がいれば良いですが、なかなか描ける人も少なく、インターネット上からダウンロードして使用するお店が多かったり、ソフトから使ったりすることも多くあります。インターネット上の場合、種類豊富で、探しているものが比較的見つけやすいという特徴がありますが、イラストによっては、著作権が絡むことも多いため、むやみやたらに使用することはできません。かと言って、その単発だけの為に多額の著作権料を払うこともできないという人には、フリー素材のものがオススメです。フリー素材とは、作者がお好きに使ってくださいと公言されているもので、著作権料を払わず、お伺いを立てなくても、好きに使用できるものです。インターネット上で魚、フリー、イラストとキーワードを入れるだけでも、かなりのページがあり、様々なイラストが上がってくるので、そこから使用用途にあったものをダウンロードやコピーして使うことができます。鯛や平目、スズキ、キス、カサゴ、キンメダイ、ハゼ、鮎など様々な人が描いたフリー素材が存在します。作者によってアニメチックなタッチであったり、躍動感のあるタッチであったり様々です。有名なよく使う魚の場合は豊富に素材が見つかりますが、地方の魚種であったり、マニアックな魚のようなもののイラストはなかなか見つからないこともありますが、作者の中には、いろいろな魚の研究をして、外観だけでなく、どんなところに棲んでいて、どのようなものを餌にして、どういった性格で、どのような生活を送っているかのような詳しく研究をした上で描いている人もいます。そういった作者のものは、自然とリアリティに溢れ、色々なものに使いやすいものとなっていることが多いです。飲食店や食料品販売店などはこういったクオリティの高いフリー素材を利用し、売り上げアップを試みることをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です